ツムログ

日々の積み重ねをログに残す「ツムログ」

LSD をする際に、どんなコースを走れば良いのか

      2017/01/30

about_lsd-course
ども! 今月の走り込みも残すところ 130km となって参りました くにゆき です。見えん……まだゴールが見えんぞ……(´;ω;`)ブワッ

連日の早朝ランニングで 20km 近く走り込んでおりますが、さすがに毎日同じコースを走るのも飽きるよなぁ〜なんて思って、本日はいつもと違うコースを走ってみましたが、体感として疲れ方やモチベーションが全然違うもんだなぁ〜と感じました。

そして、コースの選択方法によっては LSD のモチベーションや疲れ方が全然違うかもなと思い、今回記事にまとめてみようかなと。

人によって、好きなコースの選択方法は分かれるかと思いますし、レベルによっても選択をしない方が良い方法もあるかと思いますので、自分に合うコースの選択方法の参考にしていただければなと。

ちなみにですが、LSD とはロングスローディスタンスの略で、「ツムログ」ではネタに困った時に頻繁に出てくるワードになります。長い距離を、景色でも楽しみながらゆっくり走ろうぜ! というニュアンスのトレーニングになります。詳しくは過去の記事をご参照下さい。

スタート地点からぐるっと 1周する方法

スタート地点を基点として大きな四角や円を描くようにして走る方法です。

走る距離が決まっていれば、予め ランニングシミュレーター を使って、どこの道を辿って走れば目標の距離を走れるかシミュレーションします。

私のケースで言うと、家から大体 7km 近く離れたナゴヤドームを先ずは目指して走り出し、ナゴヤドームを過ぎてから名古屋城を目指します。その後、メーテレ(名古屋のテレビ局)を目指し、金山駅界隈を抜けて家に戻っていくという感じ。

走り始めの 5km に到達するくらいまでが辛いですが、ランドマークが定期的にあるので、あそこを通り抜けたら次はあれ、この交差点を抜けるとあとちょっと、といった感じで小刻みに目標設定を調整出来るので、私の中では一番走りやすいコース選択かなと。

念のために、随分遠くまで走ってしまって足が故障したとかモチベーションが維持出来なくなった時を考えて、戻って来れる程度の交通費と多少の水分や補給食を買えるくらいのお金は持っていった方が良いかもです。

スタート地点周辺をぐるぐると何周も走る方法

遠方まで走ってしまうことに自信が持てない、初心者向けのコースの選択方法です。

歩いてでもスタート地点に帰って来れる距離を確保して、上記同様に四角や円を描くようコースを選択し、目標の距離に達するまで走り続けます。

メリットとしては、いつ立ち止まっても歩いて帰って来れるという点で、デメリットとしては代わり映えのない景色の中をぐるぐる走りつづけるという、何とも面白みに欠けたコース選択かなと。

個人的な意見としてトラックなどの周回コースがあまり好きではないので、このような判断となっております。

走った道をそのまま折り返す方法

事前に シミュレーション をして、目標となる箇所またはランドマークを決めます。そして、そこに向かって走って行き、折り返し戻ってきます。

距離感を知るには分かりやすいかなといったコース選択で、目標まで行けば自ずと残り半分というようにシンプルに考えれますので、それは分かりやすいかなと。

ただ、あまり残りの距離や時間を意識し過ぎると、素直に景色を楽しんでわくわくしながら走れないので、気が紛れず絶えず残りの時間や距離を意識してしまうので無駄に疲れるように感じます。

本日走ったコースはこれ。折り返してからはやたらと残りの時間や距離を意識していたようで、今になって思うとこんな感じで走っていたからやたらと疲れたのかなと分析してます。

ひたすら走れるだけ走って、電車やバスを使って戻る方法

日頃の早朝ランニングでは導入することは難しいですが、休日に是非やっていただきたい、超絶おススメの方法がこれ! 今の私的に一番好きな方法で、最も LSD らしいコースの選択方法だなと。

メリットは、行きっぱなしということで帰らないといけないとう義務感から解放される心地よさが何とも言えない!

別に、家に鬼嫁がいるわけでもなく独り身のダラダラした生活を送っているだけなので、ストレスなどあるわけもないのですが、帰巣本能を完全にシャットアウトしてひたすら目標の距離やランドマークを目指せるのは快感以外の何者でもありません。

そして、ゴールしたら街を散策しつつうまいものでも食べたり、温泉入ったりとちょっとした観光を楽しめるのでイベントになります。

デメリットは、いずれ現実を直視して家に帰らないといけないという点……どんだけ帰りたくないんだろ、俺……(´;ω;`)ブワッ

向かう方角だけ大まかに決めて、好きに走る方法

これも、週末特化型の LSD の方法でコースすら決めず、ある程度ざっくりと行きたい方角だけを決めるという方法。

アドベンチャーという言葉がピッタリの走り方で、信号に引っかかったら右に曲がってみたり左に曲がってみたり、行き止まりがあれば引き返してみたりと、気分と道路状況のままに走るフリーダムランスタイルです。

メリットは「明日の俺はどこにいるんだろう」っと考えがちのロマンチストの心の隙間をしっかりと埋めてくれる点。デメリットは帰るための公共交通機関がちゃんと整備されている場所に到達するのかどうかといった点。

フリーダムを目指すのならば、むしろそんな常識的なことすら考えるのはナッシング! 覚悟して走る勇気がある人におススメの方法です。

ですが、実際にこのトレーニングの最終的なゴールは、概ね家に帰れる電車やバスの「最寄り駅」だったりします。

まとめ

初心者の方は特にですが、遠距離まで走るということはちゃんと帰って来れるかどうかも意識する必要があります。

足に自信がないうちはもの凄いつまらないかもしれませんが、スタート地点に歩いてでも戻って来れることを条件にしてコースを選択される方が望ましいです。

ただ、少しでも気分を変えてモチベーションを上げるために、右側の歩道を走って 1周走ったら次の周回では左側の歩道を走ってみるだとか、逆回りにしてみるだとかちょっと工夫をするだけでも随分景色の見え方は変わりモチベーションの維持にも繋がります。

また、水辺や並木道など自然の豊富なエリアをコースに取り入れるのも 1つの方法ではないのかなと。

ただ、走れる足が出来上がってきたら是非とも行きっぱなしの LSD、是非やってみて下さい!!

 - マラソン・ランニング, LSD, トレーニング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

第9回 信州戸隠トレイルランレース 28K、走ってきました

ども、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 2017年9 …

朝ランを習慣化できなかったぼくが、毎朝 4時30分に起きて 1ヵ月で 400キロ走るためにやったこと

どーも、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 2017年 …

2017 乗鞍天空マラソン 42.195kmの部、走ってきました

どーも、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 2017年 …

ランニング足袋 MUTEKIで東山一万歩コース、走ってみた

どーも、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 先日から履 …

正しい走り方を身に付ける、ランニング足袋「MUTEKI」を試してみた!

どーも、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 「MUTE …

4月はトレランで攻める! 「多度山(タドヤマ)トレイルラン」24Kにエントリーしたよ

どーも、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 先日のエン …

みのかもハーフマラソン、30分更新で完走! 走りながら意識したこと、やったこと

どーも、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 2017年 …

東海地方からエントリー出来る、2017年上半期おススメのマラソン大会まとめ

明けましておめでとうございます、くにゆき – @kuniyuki31 …

いびがわマラソン2016完走。体重:1kg減ると 3分早く走れる説に賭けた結果…

ども、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 2016年1 …

練習をサボりまくったランナーが、大会 1ヶ月前にやっておくべきこと

ども、くにゆき – @kuniyuki3104 です。 10月に入り …