2018年に走るマラソン・トレイル大会はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年に走る大会ページイメージ
2018年、気づけば 1月も半ばを過ぎました。毎週末、全国各地でマラソン大会が開催されて今まさにレースシーズン真っ只中ですが、レースを目標に走り込でいる人も多いはず。今年はどんなレースを走りますか? 走りたいですか?

今年最初のエントリーは今年すでに走った、これから走る、走ってみたいマラソン・トレイル大会をまとめてみました。愛知県から行ける範囲のレースばかりになってますので、近隣の方は参考にしてみてください。

1月:みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会

今年で 12回目の開催となる「みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会」は、毎年 1月の第2日曜日に開催されるマラソン大会で、岐阜県美濃加茂市にある日本昭和村を発着点とした、里山を走るレースです。

アップダウンが特徴でまぁまぁしんどいコース設計になってます。詳しくは、動画が公式サイトにあったので貼っておきます。

出典:みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会

今年で 4回目の参加で、ここ数年は仕事関係の友人と一緒に走ってます。執筆時点で既に大会は終了。結果はグロスで「1:45:59」。練習不足と体重増加、そして途中でトイレ(大)に行った割には悪くないタイムと自己評価してます。

日時
2018年1月7日(日)
会場
岐阜県美濃加茂市「平成記念公園 日本昭和村」
エントリー状況
終了
大会ホームページ
みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会

2月:読売犬山ハーフマラソン

今年で 40回目の開催となる「読売犬山ハーフマラソン」は、毎年 2月の最終日曜日に開催されるマラソン大会で、愛知県犬山市にある「犬山城」のほど近く、内田防災公園を発着点として、犬山市・扶桑町をまたぐ市街・河川敷を走るレースです。

コースは比較的フラットでタイムが出やすいレースと言われてますが、後半の河川敷(13キロ 〜 19キロ区間)は、変わらない景色と横風に心が折れかけます。


出典:読売犬山ハーフマラソン

今年で 6回目の参加となりますが、前回大会は怪我のため棄権しているので正しくは 5回目の参加。今年は、ぼく自身が犬山に引越したので地元の強みを活かしてこれまでで一番の走りをしたいです。

日時
2018年2月25日(日)
会場
愛知県犬山市 「内田防災公園」
エントリー状況
終了
大会ホームページ
読売犬山ハーフマラソン

3月:静岡マラソン

今年で 5回目の開催となる「静岡マラソン2018」は、毎年 3月の第1日曜日に開催されるマラソン大会で、静岡市役所をスタートして清水駅を目指すレースです。

静岡浅間神社や駿府城公園などの名所旧跡を眺めつつ、天候に恵まれれば富士山を拝みながら走ることの出来るレースですが、後半 25キロ 〜 35キロの区間、ひたすら海岸線を一直線に走るという過酷な一面もあります。前年大会の公式サイトに動画があったので貼っておきます。

出典:静岡マラソン2017

今年で 2回目の参加となりますが、前回は 1月に負傷した足の痛みが途中でぶり返し、21キロ地点で医療テントに転がり込んでそのままリタイア。護送車に乗るという残念な結果に終わったので確実にゴールはしたいです。あわよくば、サブ3.5!

日時
2018年3月4日(日)
会場
静岡県「静岡市役所静岡庁舎前」
エントリー状況
終了
大会ホームページ
静岡マラソン2018

3月:六甲縦走キャノンボールラン

今大会で 18回目の開催となる「六甲縦走キャノンボールラン」は、神戸市灘区にある整体院「けんこう堂」さんが主催する部活のような大会で、須磨浦公園 〜 宝塚(塩平寺下の広場)間を往復する「POWER(112キロ)」、往路のみの「SPEED(56キロ)」を六甲縦走するレースです。

個人で参加のみならず、男女ペアや男ペア、チームで参加したりとカテゴリーがいくつかありますが、いずれも…

  • エンジン以外何でもありで一番早くゴールした者が勝者
  • 死なない
  • 酒に飲まれない
  • あまり文句を言わない

といったルールの元に開催されます。

昨年、「信州戸隠トレイルランレース」を走るために前泊した宿で兵庫県在住のランナーさんと仲良くなり、先日、電話で「どやさ?」と促され参加することになりました。前から興味があったレースなので走れるかどうかの不安よりも楽しみの方が強いです。

日時
2018年3月25日(日)
会場
兵庫県宝塚市「塩平寺下の広場」
エントリー状況
受付中
大会ホームページ
六甲縦走キャノンボールラン

4月:多度山トレイルラン

今年で 5回目の開催となる「多度山トレイルラン」は、毎年 4月に開催されるトレイル大会で、三重県桑名市にある「多度大社」のほど近く、多度観光駐車場を発着点として、多度山から恋姫山に向かい戻ってくるレースです。

チャレンジコース(24キロ)は、未舗装道路の割合が 90%ということで、本格的なトレイルランを楽しめる大会です。山頂付近の多度山上公園からは、木曽三川、濃尾平野をはじめ名古屋市街地まで望める絶景で醍醐味の一つと言えます。こちらも動画をペタッと。

出典:第5回 多度山トレイルラン

今年で 2回目の参加となりますが、トレイルにしては短めのコース設計で、ぼくのような初心者でも楽しめましたが、所々でコース案内が分かりづらくかなり迷った記憶があります。今年は前年を上回る記録を目指します。

日時
2018年4月8日(日)
会場
三重県桑名市「多度観光駐車場(だるまうなぎ多度本店前)」
エントリー状況
終了
大会ホームページ
多度山トレイルラン

6月:モントレイル 戸隠マウンテントレイル

現在、執筆中。

日時
2018年6月2日(土)
会場
長野県長野市戸隠「戸隠スキー場」
エントリー状況
終了
大会ホームページ
モントレイル 戸隠マウンテントレイル

6月:乗鞍天空マラソン

今年で 13回目の開催となる「乗鞍天空マラソン」は、毎年 6月の第4日曜日に開催されるマラソン大会で、標高 1,500メートル付近にある観光センター駐車場を発着点として、標高 2,700メートル地点を目指して折り返す、日本で一番標高が高いフルマラソンと言われるレースです。

前半、ひたすら登って山頂付近にある大雪渓を目指し、後半はひたすら下るという鬼のようなコースですが全て舗装路(35キロの部は、トレイルを含むコースもあり)なので、走りやすいです。


出典:第13回 乗鞍天空マラソン

今年で 4回目の参加となりますが、2016年の第11回大会は膝を故障し棄権したので正しくは 3回目の参加となります。すれ違うランナー同士で声を掛け合ったり応援隊があちこちで声をかけてくれたりと、人の暖かさが嬉しいレースです。2017年の第12回大会からフルが新設されて、楽しさ・苦しさが増量。今年は、昨年以上のタイムが出せれば良いかなと。

日時
2018年6月24日(日)
会場
長野県松本市「乗鞍観光センター前」
エントリー状況
受付中
大会ホームページ
乗鞍天空マラソン

9月:信州戸隠トレイルランレース

今年で 10回目の開催となる「信州戸隠トレイルランレース」は、毎年 9月に開催(過去、11月開催年もあった)されるマラソン大会で、戸隠神社をはじめとした信仰と修験道のメッカである戸隠連峰と戸隠古道を駆け抜けるレースです。

ゲレンデを登って駆け下りたり、泣きたくなるくらいに傾斜がきつい登りがあったりと、ある程度身体を作っておかないと完走するのも難しいのではと思わせるコース設計だったりしますが、戸隠神社など歴史ある名所旧跡だったり鏡池など見所は結構あります。


出典:第9回 信州戸隠トレイルランレース

今年で 2回目の参加となりますが、トレイルのキツさと面白さを知ったレースです。昨年は、裸足やワラーチで走るランナーへの憧れで「ランニング足袋『無敵』」を履いて走りましたが、レース後半、足裏の痛みで走りに集中できなかったので、今年はトレイル用のシューズを履いて楽しんで走りたいです。

日時
会場
エントリー状況
大会ホームページ
信州戸隠トレイルランレース

11月:いびがわマラソン

今年で 31回目の開催となる「いびがわマラソン」は、毎年 11月に開催されるマラソン大会で、全国ランニング100選に 20年連続入賞するほどの人気レースです。過去、30年の歴史をまとめた動画があったので紹介します。

出典:第30回 いびがわマラソン

里山を走るレースでそれなりにアップダウンもあって、以前、シドニー五輪金メダリスト:高橋尚子さん(Qちゃん)がサポーターとして来場された際に、過酷なレースなんてことも言われてましたが、その通りだと思います。コースについても紹介動画があったので貼っておきます。

出典:第30回 いびがわマラソン

今年で 5回目の参加となりますが、フルでは 4回目になります。初めてのフルマラソンもこのレースで思い入れがありますが、毎年、調整不足とシューズのチョイスミスとトラブル続きでまともに走りきった感がないので、今回は、事前調整をしっかりして仕上げつつ、シューズも自分に見合ったもので走りたいです。

日時
2018年11月11日(日)
会場
岐阜県揖斐川町「揖斐警察署前」
エントリー状況
大会ホームページ
いびがわマラソン

12月:熊野古道トレイルランニングレース

今年開催されれば 6回目となる「熊野古道トレイルランニングレース」は、昨年は 12月に開催(過去、11月開催年もあった)されたトレイル大会で、熊野古道をはじめ丸山千枚田や布引の滝といった名所からツエノ峰から眺める雲海など、熊野の絶景を堪能できるレース。プロトレイルランナーも多数参加します。

50キロ・30キロ・10キロの部とカテゴリーが分かれておりレベルに応じて参加できますが、50キロの部は「過去2年間に 40km以上のトレイルランニングレースを完走したことがある者」「懸垂下降や三点支持などの基礎的な登山技術が備わっている者」と条件付きで、三点倒立ならば分かるレベルのぼくには御門違いらしい…


出典:第5回 熊野古道トレイルランニングレース

このレースに興味を持ったのは、昨年「信州戸隠トレイルランレース」で出会った女性ランナーがきっかけで、熊野古道を走れる魅力と 1年の締めくくりにキツめのトレイル走っとくのもいいかなと思い、今年は参加したいなと。

日時
会場
エントリー状況
大会ホームページ
熊野古道トレイルランニングレース

まとめ

参加した、参加する、参加したいレースをご紹介しました。

結果を出して楽しく走るためには、日々のトレーニングと体を絞っておくことは大前提。年末の振り返りでいい一年だったと言えるように、しっかり準備してレースに臨みたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る