20km走、3日目に感じたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

20km-run-3days

本日絞り込み 3日目ということで朝から 20kmのジョグを終えてきましたが、正直、若干キツさを感じてきました。

っと言うのも、昨日の朝ランを終えた辺りから腰回りと足に筋肉痛、右ひざに違和感を覚えるようになり、ちょっと疲れ溜まっているなといった状況。

そんな理由から、負荷のかかる筋トレはやめて休息をするようにし、食事に関しても修復を目的にして身体が欲しがるものを摂ろうと、身の危険を覚える量の糖分(アイスクリーム 7本 + チョコレート 1箱)とボリューム馬鹿の総菜パンやらナッツやらカマンベールチーズやらベビースターやら牛乳 1リットルやらを、超回復と称して摂取して早めに寝るなどしてみました。

そのおかげか、筋肉痛や膝の違和感はかなり取れたものの身体全体の疲れは残っているようで、5時起きは相当辛かった。

ただ、今月残りの日数に余裕がなく 1日休んでしまうと目標達成が出来なくなるという理由から無理くり起きてみました。計画性ってほんと大事だなと思う!

布団をたたんだり、ストレッチをしたりなど身支度を整えて外に出てみるものの、走り出して 1kmくらいはキツかった。もう歩こうやら、明日改めて走ろうやらあれこれ考えが巡るも、そのまま走ってみる。

すると、3kmを過ぎた辺りから身体の負荷は消えてくるというか慣れてくるというか、気にならなくなってくることに気付く。恐らく、身体がほぐれてきたということでしょうが、これ、朝起きるのが辛くてそのまま休息と称して寝ていたら感じれなかったこと。

結局、身体の疲れとか痛みは気持でカバー出来るというか、気持の面を騙すというか、気持を奮い立たせる方がモチベーションを持続させるには重要だなという気付きがありました。

あと、丁度この時間帯に高校の先輩も場所は違えど走っていました。今度の乗鞍天空マラソンに一緒に参加する先輩なんですが、一回り上にもかかわらず「今月俺も 200km走る!!」と追い込みをかけていて。

実際は自分一人で走っているんだけど、一人ではないという感覚も後押しになって朝ランに向かわせてくれる気になってるのも事実で、一緒に走る人がいるというのもモチベーションを維持するのには大事だななんて、すごい良いこと書いてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る