ネタがなくてもブログを書き続けることには意味がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

blog-tsudukeruimi
ども! ランニング関連の記事を書きたいのはやまやまなんですが、いかんせん走ってないから書けない くにゆき – @kuniyuki3104 です。

ツムログ を始めて 3ヶ月が過ぎましたと、以前記事にしました。

記事は毎日更新を続けて 100記事を超え、少しずつではありますが読んで下さる方も増えておりますが、肝心のランニングが未だ習慣化されないのは困ったもんです。

走っていないとランナー目線の気付きなどを踏まえた記事が書けず、最近では精神論やら「俺、明日から頑張ります」的な決意表明のような記事も多くなり、誰が得するのかわからないようなものになりつつあります。

このような記事を書き続けることに正直意味があるのかと考えてしまいがちですが、それでもやめたくないというのが正直なところ。

少なからず 3ヶ月書き続けたことによって、多少なりとも成長を感じる部分もあれば思いっきり退化した部分もあったり(特に食生活とダイエット関連)と振り返りが出来ます。

いちいち過去記事を読み返すようなことはしていませんが、一つ一つの記事にはそれなりに時間をかけたりしている分、思い返すこともあります。

っということを考えると、例え駄文であっても毎日の気付きや記録・記憶を書いておくことは自分自身にとっては意味があることだなと思っております。

本来であれば、読み手に向けての情報発信が理想ですが、そこは個人ブログということで、我がままに自分に向けた内容を発信してもいいんじゃないの? というのが私なりに、ゆるぅ〜くブログを続けるにあたってのスタンスになりつつあります。

こんな内容ですが、読んで下さってありがとうございます(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る