断酒 10ヶ月経過、おっぱいの誘惑に激しく揺れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

dansyu-10-oppai-yureru
ども! 毎日うだるような暑さの中、ビールがとても美味しい季節ですが、皆さん毎晩わっしょーいでしょうか? くにゆき – @kuniyuki3104 です。

断酒を始めて 10ヶ月が経過し、初めての夏を迎えているわけですが、流石にこうも暑いと過去の記憶が甦ってきてムラムラして参ります。

最近は、ノンアルコールをたまに飲んだり炭酸を飲んだりして何となく喉を潤したりしていますが、そんなんだったら飲めばいいじゃん! っという葛藤と戦っていたりします。

先日、とある交流会で知り合った私とほぼ同年代のおじさん達と飲む機会がありました。場所は、おっぱいで有名な「SAYURI」という居酒屋。

おっぱいを前に色々揺れる

おじさん 4人でおっぱいがいっぱい……

くっそテンション上がるに決まっとる!!

という思考回路に支配されつつあり、終業 30分前に同僚に対して、ポロリ(おっぱいだけに)と弱音を吐いたりしました。

今日、飲むかもしれん……

っと。

優しい同僚は、充分頑張りましたよなどとねぎらったりもしてくれ、そうだよなぁ〜俺、無駄に頑張ったよなぁ〜なんて思いつつお店に向かったわけですが、そこでもまた揺れまくるのです。(おっぱいだけに)

今日、解禁して飲めば絶対楽しいだろうけど、10ヶ月積み上げてきた物が崩れて、明日から自己嫌悪が半端なくなり、これまで以上に酒に溺れるだろうなぁ〜と。

今回で、3度目の断酒になるわけですが、断酒を解禁する度に飲み方がエスカレートしてきている傾向にあり、これは依存症の典型的なパターンでもあるので、それを知っている以上、ちょっと怖過ぎるよなぁ〜という気持が強く前に出てきました。

おかげで、酒を飲まなくても純粋におっぱいを楽しむことが出来て、結果良かったなぁ〜というのが今の心境です。

断酒を継続するには強い意思が必要

さすがに先日は飲むかもと自分の中で思っていたりしましたが、最終的には飲まないという判断が出来たのは我ながら驚きました。

恐らく、断酒を初めて数日・数週間であれば確実に飲んでいたかと思いますが、10ヶ月の重みはそれなりに大きいなと感じた次第です。

飲まなくても、そこにおっぱいがあれば何もいらねぇ〜というくらい、楽しめたのでまだまだ暫く継続出来そうです。

無理にプレシャーはかけたくない

ただ「もう二度と飲まない」とか「やめた!」 と言い切れないところが弱さだったりもしますが、これを言ってしまうとプレッシャーになってしまいそうで怖いのが本音です。

恐らく、断酒をしている人全てに共通する事なのかもしれませんが、ふっとしたタイミングで過去の飲んでいた自分をフラッシュバックしてしまい、いつでも飲む切っ掛けは出てきます。

なので言い切る事はしませんが、ゆるく引き続き継続出来ればなと。

まとめ

飲める人は大いに飲めばいいですが、私のように酒を飲んでも「楽しい」より「自己嫌悪」をする気持が強くなってしまった人はやめてしまった方がいいに決まっているので、もしこの記事を見て少しでも思い当たる人がいれば、やめてみる事をおススメします。

私の場合、飲み代が減っても何故かしら金は溜まりませんが身体は軽くなったという実感は強いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る