フリーランスになって買った、契約した、見直したことあれこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年1月いっぱいで、5年ちょっと勤めていた会社を退職し、ライターとしてフリーランスデビューしました。

とはいえ、まだ開業届を出していなかったり大々的にPRしてなくて徐行運転で始めた感じですが、それでも独立を意識してからいろいろと準備してきました。

そこで、私がライターとしてフリーランスになるために買った、契約した、見直したことについてご紹介いたします。

買ったもの

クロスバイク

私は、愛知県の北部にある犬山市という街(名古屋までおよそ32km)に住んでいますが、打ち合わせや取材でちょくちょく名古屋まで出ます。距離がある分、交通費がそれなりにかかるためどうにかしたいと考えました。

そこで、移動手段に自転車をと考えクロスバイクを購入。これで、交通費が削減できてかなりの運動量でダイエット効果も狙えて一石二鳥!

なんて考えていましたが、久しぶりに自転車に乗ってみると少しの距離でもバテてしまい、普段から走っていても使う筋肉が全く違うのだなと痛感しました。移動手段として使うには時間がかかりそうです。ちなみにこちらを購入。

3WAYバッグ

自転車移動も考えての購入でしたが、一番の理由は験担ぎ(げんかつぎ)。

これまで使ってきたバッグは“赤い”2WAYバッグで、前までいたWeb業界に入ったタイミングで購入して9年近く使い続けたものでした。

ですが、独立を意識した頃に手相と姓名判断を見てもらったところ、そこで言われたのが赤色は私にとって相性が良くないとのこと。逆に黄色は良いとのことでした。

占い師(?)の言うことを100%信じてはいませんが、赤色が良くないと言われると思い当たることがいくつかあるので、これには従うことに。赤いバッグを売り、黄色のバッグを購入しました。

名刺入れ

バッグ同様、名刺入れも赤いものを使っていましたので買い換えることに。

安くてデザイン性が高いアイテムを探して、センスの良い雑貨やステーショナリーを豊富に取り揃える「AssistOn(アシストオン)」で選びました。ちなみに、これを購入。

ICレコーダー

取材内容を踏まえて記事を書く仕事なので、一応購入。最近では、iPhoneで録音する人もいるようですが、お客様目線で考えると取材してます感が出せて良いかなと。

それと、後になって言った言わないで揉めないためにも、記録に残しておく意味で必要です。

契約したこと

Adobe Creative Cloud

ライターとして独立しましたが、ブログで使う画像の加工や写真補正、Web制作の依頼にも対応できるよう「Adobe Creative Cloud」を契約。

たまにやってる、セール期間を狙って契約しました。

Microsoft Office

Mac使いなので、Office系ソフトは無料の「LibreOffice」を使うつもりでしたが、使い勝手が悪くちょっと微妙だったので急遽、契約することに。

変にケチって学習コストをロスするくらいならば、年間:12,744円(税込)であれば良いのかなと。

Dropbox Plus

クラウドでファイル管理ができる「Dropbox Plus」を契約。

ブラウザを介してどこからでもアクセスができてファイル共有が可能なこと、1TB(1,000GB)まで保存できること、年払いで13,000円ほどで使えることなどが魅力。今の事業規模だったらこれで十分です。

EVERNOTE プレミアム

クラウドで画像やPDF、メモやブックマークをストックして共有できる「EVERNOTE プレミアム」を契約。

アカウント情報やWebサイトのブックマーク、Webサイト構築で使うPHPのコードやライティングルールなどストックして使っています。年間:3,000円ほど(キャンペーン中に契約)で使えるのも魅力。

プロバイダ「インターリンク」

取引先からの要望で、“固定IP”を用意して欲しいと言われ、既存のプロバイダを使いながら固定IPが使える、株式会社インターリンクがやっているサービス「マイIP」を検討しました。

しかし、この契約だと

「光回線」+「既存プロバイダ」+「マイIP」

となりランニングコストが気になるため、

「光回線」+「固定IPが使えるプロバイダ」

を検討。よくよく調べると、インターリンクはプロバイダでもありこの条件を満たしてくれるので契約しました。価格も、月額:1,296円(税込)と嬉しい。

光回線

上記にともない、既存プロバイダの解約を考えて問い合わせしたところ、光回線もプロバイダ側で提供していることが判明しました。つまり、プロバイダを解約することで光回線もなくなり、インターネットに接続できなくなって仕事に影響でまくる。

これには戸惑いましたが、既存プロバイダのやり方には不信感を覚えていたので(後述します)、なにがなんでも解約したくてフレッツ光を単体契約しました。

開業届がまだの状態ですが、法人契約することでいくらかキャッシュバックも受けられ、月々のコストも今より押さえられ、やって良かったです。

タイムズカープラス

取材の機会が増えて、郊外に行くことも多くなりました。

タクシーがすぐに捕まるかどうか分からないような場所に行くこともあって、その場合は車で行くほうが確実かなと思い「タイムズカープラス」を契約しました。

店舗で直接契約したことで、カード発行手数料が無料。月額:1,030円ですが、その分を利用料金に充当できるので、頻繁に使う人にとっては契約しておいて損はないかもしれません。

ただ、ちょっと見切り発車した感はあってすぐに解約するかもしれませんが、しばらく使ってどんなものか体験してみようと思います。

2019.02.11
結局、利用することもなく解約しました。他に契約したいこともあり、使わないサービスに支払い続けるのは無駄かなと。

ネットワークプリントサービス

取材時に配布用の資料を持参することが増え、プリンターを購入しようかとも考えましたが「ネットワークプリントサービス」を利用することに。契約とはちょっと違いますがね。

こちらは、ネットワークに印刷したいデータをアップしてファミリーマートとローソンにあるマルチプリンターで出力ができるサービスで、かなり重宝しています。

コピーはもちろんですが、スキャンしたデータをUSBメモリに落としたり、FAXの利用もできてオススメ◎

見直したこと

神棚にお祀りするお札

成功した経営者の中には神仏を大切にする人も多く、会社の敷地にお社を建ててお祀りしているケースもあったりします。

私も少しはご加護にあやかりたいと思い、昨年は琵琶湖にあるパワースポット「都久夫須麻神社(竹生島神社)」にお詣りし、お札をいただいてきました。

年越し前に、お礼を兼ねて新しいお札をいただきに行こうと思いましたが、地元にある商売繁盛の神様をお祀りする方が馴染みもあって、地に足をつけて商売するには良いかもと考えを改め、犬山城のふもとにある「三光稲荷神社」で新しくお札をいただき、お祀りすることにしました。

身近にある赤いもの

買ったものの章で触れましたが、2018年の夏頃、独立を意識しはじめたタイミングで手相と姓名判断を見てもらいました。

いろいろアドバイスをいただきましたが、相性の良い色と悪い色についてのアドバイスだけは、ちょっと信じてみようかなと思いました。

個人的に赤が好きで、カバンや小物類などいくつか赤をチョイスしていましたが、これまでの人生を振り返ると赤が悪影響を及ぼしていることが幾つかあって、相性が悪い色と聞かされ妙に納得しました。

また、新しくはじめる事業のイメージは黄色にしたいと考えていましたが、相性が良いと聞いてそのまま採用することに。

色ごときで左右されるものではないとは思いますが、験(げん)を担いで気持ちが良い方向に向かえば行動も伴い、結果的に良い方向に向かう。それを信じて、赤いものを手放しまくってます。

携帯キャリア

2年縛りが切れるタイミングだったのと、電話をする機会がかなり増えることもあって、携帯キャリアを見直すことに。ソフトバンクからワイモバイルに、SIMロックを解除してキャリア変更しました。

手続きは思っていたよりも簡単で、ネットで「My SoftBank」にアクセスしてSIMロック解除手続きをしたら店舗に行き、キャリア変更したいと伝えれば終了。

番号は引き継ぎたかったので、MNP(ナンバーポータビリティ)を利用しそれぞれのキャリアに手数料:3,000円支払い、ワイモバイルのSIMに7,000円払って無事にキャリア変更できました。

ワイモバイルの魅力は月々の利用料の安さと、1回の電話で10分間の無料通話ができるところ。スマホでゲームや動画利用はしないので、パケット制限は少なめでも全然OKでした。

プロバイダ「ぷらら」

既存プロバイダ「ぷらら」を解約して、フレッツ光と固定IPが使えるプロバイダを単体契約しました。

そもそも、ぷららを契約したのは乗り換えキャンペーンがとてもとても魅力的だったからで、価格ドットコム経由でぷららを契約すると、現金で50,000円以上のキャッシュバックが受けられるところでした。

しかし、1年が過ぎても音沙汰が全くなかったので問い合わせをしたところ、キャッシュバックを受け取るための申請期間が過ぎているため受けられないとのこと。

よくよく契約内容を見返すと、利用開始月を含む10か月後の月末にプロバイダ側で用意したメールアドレス宛に案内を送るので手続きしてくださいよ、とあります。

大々的にキャッシュバックで煽って集客し、そこ経由で契約した客に対して契約時に普段使いしているメールアドレスを教えているにも関わらず、誰が使うかも分からないようなアドレス宛に中途半端なタイミングでメールをしれっと送る姑息さ。

あからさまに支払いたくないのだなと思えてしまい、一時的に回線が切れるとしてもとっととこんなプロバイダとの契約は切りたいと思い解約しました。

結果的に、キャッシュバックを受け取れなかったことで違約金が発生することもなく、その点は良かったです。

まとめ

事業に直結するものもあればそうでないものもありますが、これらは私がフリーランスでやっていくために準備したことです。

これから開業届を出して、屋号でしっかり事業展開する際にはまた別の準備も必要になってきますので、改めてご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA