「ごりゅごブログ塾 ~ PVや広告収入がなくてもブログを使って食べていくためのヒント~」に参加してきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

goryugo-blog-jyuku

ブログを切っ掛けに生き方を大きく変えた、ダンボールアーティスト「いわい ともひさ(@iwai)」さんの実体験をもとにしたお話が聞けるという事で、セミナーに参加してきました。

岩井 知久(いわい ともひさ)さんについて

マイクを握ったガスマスクの怪しい人がいわいさん。実はこのガスマスク、ダンボールで作られております。スライドに写っている「アイアンマン」をはじめとしたマスクもいわいさん作。現在、ダンボールアーティストとして活動をしております。

そんないわいさん、1972年生まれの今年で 43 歳。ダンボールアーティストとして昔から活動をしているのかと思いきや、2014年の 12月までは企業に勤めるバリバリのサラリーマンをやっていたとのこと。

それなりのポジションで安定したサラリーマン生活を送っていたにも関わらず、大きく人生の舵取りを変えたのはブログが切っ掛けだった。

ということで、このような流れでお話をして下さいました。

  1. 「IWAIMOTOROS BLOG」2年間の軌跡
  2. テレビとディズニー案件の経緯
  3. なぜ、ダンボールなのか
  4. 退職までの心境と独立した現在の状況
  5. ブログを使って食べていくためのヒント

それでは、順を追って概要と感想について触れさせていただこうかなと。

1. IWAIMOTOROS BLOG 2年間の軌跡

転機となる「IWAIMOTOROS.COM」の運用開始は、2013年元旦。当初は、セルフブランディング(自らをメディア化して、自らの力でプロモーションを行うこと)が目的で、特に何かに特化した記事を書くのではなく、興味関心のあるものについて、毎日ひたすら書いていたようです。(今現在は量より質を重視で、毎日更新ではない)


そんな中、「アイアンマン」のマスクの図面を配布しているブログを見つけ、自分でも作れるかなという軽い気持ちでダウンロードをし、図面を元にマスクを作成。飲み会の席に持っていくと大反響だったということでそれに気を良くしたらしく、その様子を記事にしたところ、相当ウケたようです。

ただそれでも、PV(ページビュー)は 2年間で最高、月間:75,000PV で、ブロガーの世界で言うところの「アマチュア」だそうです。ちなみに「神」クラスは、月間:1億PVですって!

2. テレビとディズニー案件の経緯

ブロガー的には「アマチュア」レベルの いわい さん(私、毒吐いてないですよ!)、当然ブログからの広告収入も「アマチュア」レベルで、それだけで独立をして生活をしていけるものではないですが(私、絶対毒吐いてないですよ!)、ブログを目にした中京テレビの方から突然連絡が!

「ボイメン☆騎士」という番組内で、司会者にダンボールで作ったロボットのコスプレをさせたいということで、制作依頼が飛び込んできたとのこと。当初、少しの露出程度の話しが、結果かなり大きく扱われたということでキャラクターとしてもインパクトがあったようです。

そして、その仕事が結果的にディズニーからのオファーに繋がり、映画「プレーンズ2」のプロモーションとして、ダンボール製のキャラクターが上映される映画館の併設ブースに展示されました。

余談ですが、プロモーションの際に手を触れないよう境界を設けていたようですが、好奇心旺盛な子供たちの手で見るも無惨な姿となり、次に展示予定の話しがあったセントレアに辿り着くことはなかったという残念なお話もありました。

3. なぜ、ダンボールなのか

そもそも いわい さん、ダンボールを使ったアーティスト活動に興味があったわけではなく、たまたまだったと。

たまたま「アイアンマン」のマスクの図面をブログで見つけ、ダウンロードをして作ったらたまたまウケたと。

ただ、趣味で昔からやっていた 3DCG とダンボールアートとの相性がもの凄いよく、3DCG の技術を使ってダンボールアートの設計が出来るので、それがうまくマッチングしたらしい。

どこで何が繋がるか、分からないもんですねぇ〜

4. 退職までの心境と独立した現在の状況

ダンボールアートでテレビ局からオファーが来た! ディズニーからオファーが来た! だから独立するぞ!!

そんな安易なものでは当然なく、これまでの安定した生活を捨てて独立に至るまでにはしっかりとしたビジネスとして成り立たせれるだけのプランがありました。そして、覚悟もありました。

今日のお話の中で私が一番印象に残っている言葉、それが……

死が見えてきたからこそ、好きなことをやって、挑戦して、後悔のない状態で人生を終えたい。

ということ。

どこか身体を壊されているという話しではなく、今年で 43歳という年齢的に見て、人生折り返し地点に差し掛かってきたからこそ感じることで、私も年が近いこともあり、実は似たような考えを持っていたので刺さりました。

5. ブログを使って食べていくためのヒント

いわい さんの考えとしては、ブログの広告収益だけで食べていこうとするのは危険だと言います。それは、広告費用を支払ってくれる会社の裁量に委ねられてしまうので、レートが変われば当然収入にも大きく影響を及ぼします。

もしかしたら、仕組みがなくなるとも言えません。

なので、ブログは一部収入を上げるには良いかもしれないけれども、あくまでセルフブランディングとして、自分をメディア化して情報発信し、活用していくのがいいんじゃあないかなといったお話でした。

そして、いわい さんもダンボールアートに出会っていなかったら今があるかどうかは分からないというようなこともおっしゃっておりましたが、逆を言えば何がウケるかは分からないということです。

自分の中にある常識は他人にとっての非常識、当たり前に思っているコトやモノは、実は他人からすれば欲しがっている情報なのかもしれないということ。

なんでも情報発信をする価値はあるのです。

まとめ

最初から明確なプランをたててセルフブランディング出来る人もいれば、やり続けていく中で徐々に見えてくるタイプもいて。私は、確実に後者です。

いわいさんの話しを聞いて、とにかくやり続けることはやはり大事だなと強く感じました。あと、ブロガーとの交流が出来たこともとても大きかったです。

【超重要】そもそも、ごりゅごブログ塾って何よ?

ここまで読んで下さって、すんごいもやもやしたまんまの人もいるのではないでしょうか?

そもそも今回のセミナーのタイトルにある「ごりゅごブログ塾」とは?

愛知県在住の、著名ブロガーでもある「ごりゅご(@goryugo)」さんが主催となっているブログ塾で、いわい さんの話しでも出てくるセルフブランディングをやっていこうぜ! ブログ友達つくろうぜ! っといったようなセミナーを主催されています。

テレビ出演多数で書籍の出版もされている ごりゅご さん、今後もセミナーを開催される予定とのことなので、興味をもたれた方、一緒に参加しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る