「ホリデイラブ」里奈役の松本まりかは、FF10のあの声の主って知ってた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


出典:金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」

テレビ朝日で毎週、金曜日の 23:15分から放送中(一部地域を除く)の金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」が話題になっている。不倫のドロドロ劇を描いたドラマで、毎週、楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

中でも、仲里依紗が演じる夫に浮気される妻 = サレ妻をあの手この手で巧みに陥れていく浮気相手の妻、松本まりかの存在感が凄い。初回から体当たりで挑んだベッドシーンが衝撃的で、注目が集まっている。

一見するとゆるフワで天然な女性、井筒里奈(松本まりか)の裏の顔にネットでは、あぁいうタイプが一番怖いと「悪女」「ゲス過ぎる女」と、賞賛の声が上がっている。

ただ、それと同時に松本まりかって誰? と、ざわついているのも正直なところです。

ホリデイラブのあらすじ

高森杏寿(仲里依紗)は、夫である純平(塚本高史)、娘の七香と 3人で幸せな日々を送っていた。

杏寿は、夫を支えながらかたわらでネイルサロンを経営し、家計を支える良き妻として幸せな毎日を過ごしていた。

一方、純平も建築会社で責任ある仕事に充実していたが、ある日、地方の現場に出向するよう辞令が出て、単身赴任することに。そこから、歯車が狂うことになる。

純平が単身赴任してしばらくした頃、高森家を訪ねる男の姿があった。どちら様でしょうと訪ねる杏寿に、おたくの旦那は最低な男だと告げる。

男は、井筒渡(中村倫也)。渡の妻である里奈(松本まりか)と純平が目の前でセックスしていたと、衝撃の告白をする。

ここから、杏寿を取り巻く日常は一変し地獄のような日々が始まる。そして、純平との幸せを願う里奈のあざと過ぎる策略が追い討ちをかけていく。

浮気する妻、井筒里奈

ゆるフワな見た目に話し方も甘ったるい感じの天然キャラで、男ならばほっとけないタイプの女性が井筒里奈。

しかし、その裏で純平との浮気を重ね、2人の幸せを願うためには汚いことも平気でし杏寿を陥れていく、計算高い性悪女という一面がある。

そのギャップが怖過ぎると、話題になっている。

出典:金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」

井筒里奈役の松本まりかとは?

そんな、あざとすぎてもはや恐怖と話題の井筒里奈を演じるのは、松本まりか。1984年9月12日生まれの 33歳。女優であるかたわら、ナレーターや声優など、幅広く活躍される女性です。

悪女を演じるのは今作が初めてのようで、台本を読んでそのおもしろさに自身もハマり、とことん嫌われてやろうと怪演しているようです。

恐らく女優としての転機になるであろう今作ですが、過去には声優として、ファイナルファンタジー10で愛されキャラを演じています。

ファイナルファンタジー10について

2001年7月19日に PS2ソフトとして発売された、ファイナルファンタジー10はシリーズ初の続編まで出た人気タイトルです。また、キャラクターが声を発する初のタイトルでもあります。

スピラと呼ばれる世界を舞台に、大いなる災厄の元凶「シン」を倒す旅に出る召喚師ユウナとその仲間達(ガード)を取り巻く物語。

スピラ各地の寺院にて、祈りを捧げることで召喚獣と契約を結び従え、力をつけながら「シン」が待つ伝説の地、ザナルカンドへ向かう旅である。

FF10で登場する、リュックの声を担当

ユウナと旅を共にする仲間は、伝説の地ザナルカンドから来た存在しない青年、時を越えてきた死人、子供の頃よりユウナを見守ってきた人達と様々。

そんな中、スピラで忌み嫌われる種族であるアルベド族の娘として旅を共にするのが、にぎやか担当のリュック。そして、彼女の声を担当したのが松本まりかです。

天真爛漫でいつでも元気なリュックは、見た目も松本まりかに似ていると話題になり、FFファンの中には 2人を重ねてしまう人も少なくないでしょう。

ホリデイラブの里奈とはまるで真逆のキャラクターを FF10では演じていたのです。

まとめ

テレビで見た、松本まりかの姿にリュックの印象が強かったぼくは、かなり衝撃を受けましたが、役者として注目されるようになるんだなと思うと応援したくもなりました。

振り幅が広い女優として、これから益々注目されていくことでしょう。

でも、悪女だけではなくてリュックを地で行くような天真爛漫な天然キャラも見たいなとファンとして思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る