うつ病2 回復期・就労移行支援事業所

 

うつ病には寛解に至るまで過程があることは前回お話ししましたね。

では辛い症状がたくさん出ていた急性期の次、回復期について知っていきましょう!

回復期とは

急性期の辛い症状が徐々に和らいでくる期間です。ここでやっと少し未来のことが考えられるようになってきたり、好きなことができるようになってきたりします。

 
 

しかし!

それは焦りが生じてしまうことにも繋がってしまうのです。

好きなこともできるんだから、早く社会復帰しなきゃ。早くお薬をやめなきゃ…。

でもまだそれは早いのです。たとえば社会人で休職、無職…。学校に行けていない…出席日数が足りない…。焦りますよね、そりゃ。健康な人でも焦ることですから、仕方のないことかもしれません。

うつ病の回復の道のりは三寒四温のようです。今は調子が良くても、また沈んでしまうことがあります。そんな時に無理をしては元の木阿弥。

焦らず深呼吸をしましょう。

 
 

カーテンを開けて陽の光を浴びるだけでも気分が変わりますよ

そして主治医の先生に相談してみましょう。

私の場合、まずは『散歩』を提案してもらいました。着替えて外に出る練習です。最初はお布団から出られればグッジョブです!靴を履くまで、家の外に一歩…。少しずつ慣らしていきましょう。でもそうなるとお風呂にも入っておかなければ…と意外とやることが多くて大変ですよね。私はお風呂は真夏以外はちょっとサボりました…。

その次は図書館に通いました。

毎日同じ時間に外に出て、一定時間を過ごす練習です。毎日服を選ぶことや、身だしなみ、人がいる空間で過ごすこと。最初は週3日や短い時間から始めていきました。

これが引きこもりに慣れてしまうと中々大変。

一般的に求められる『普通』がとても難しい。

まず何をすれば良いのか分からないし、本も読めない…。私は4コマ漫画を読むところから始めました。文字数や情報量が多いものは最初は読めなかったので。

あとはTwitterです。文字数が制限されているのでこれは苦になりませんでした。

予定通りにできなくても落ち込まないでください。『辛い時に無理をしない』というセルフケアができているのです!

セルフケア、これは今後もずっと大切にしていきたいです。元の自分に戻るのでは、また心が折れてしまいます。今度はセルフケアのできる自分を目指しましょう。私も今それを目指して奮闘中です!一緒にゆっくりいきましょう(*´꒳`*)

回復期以降で怖いのが、少し動けるようになってきてからの希死念慮(死にたい気持ち)です。

回復期の希死念慮

急性期は体を動かすこともままならない状態で、死にたくても実行する体力がありませんでしたが、回復期は悲しいかな実行できる体力と正常に判断できない心が同居する時期があります。

自殺企図(自死の計画)や、実際に行動を起こしてしまうことがあります。私も何度か大量服薬や首を吊りましたが、紐が切れたり友人に助けてもらったりしています。その度に死にきれなくて情けなくてまた落ち込みます。

一人にならないで!一人で抱え込まないでください!何度も私が言われてきた言葉です。

もし大切な人にが精神的に参っていたら、自分だったら支えてあげたいと思えるのに、自分にだけはそうはしてあげられない。正常な判断ができていない状態です。

私は血縁者とうまくいかず、些細なことで決断してしまうことがありました。それはもう本当に些細なことです。でも私は首を吊りました。友人が警察に連絡してくれて今も生きています。かっこ悪いなぁと思います苦笑

かっこ悪くても生きてるだけでいいんです。きっと。今も自殺企図や希死念慮に悩まされている身としては偉いことは言えません。ただ、これを読んで誰かの明日に繋がればいいなぁと思い書いています。

就労移行支援事業所とは

私は傷病手当で一人暮らしをしていましたが、そろそろ傷病手当が終わってしまう…失業保険だけでは生活できない!と大変焦り、一人で就活をスタートしました。

そこで改めて知ったのが就活の難しさと『就労移行支援事業所』です。

通いながら就職に向けて、また就職後半年間サポートしてくれる場所です。

  • ほとんどの場合利用料無料(前年の収入による)
  • 2年間利用できる
  • ご飯を提供してくれるところもある
  • 自治体と併せて交通費を出してくれる(制限あり)
  • 講座、プログラムなどでパソコンスキルや軽作業の模擬訓練が行える
  • いろんな障害を抱えた方がいる
  • 就活のサポートをしてくれる

実は障害者手帳を取りに行った時に教えてもらっていたのですが、その頃はまだ何も考えられず、頭からすっぽり抜けておりました。

病気で長期間お休みしていると、就活で気になるのがブランク(空白期間)ですよね。

就労移行支援事業所に通うことで、たとえば「この人は週5日4時間通所できてますよー」という実績を作ることができます

この実績を持って就活に挑むのが障害者の就活の基本のようです。

最初は週2日か半日からはじめる…など、その人に合った計画を立てて行政が許可してはじめて利用することができます。
※見学は各事業所に問い合わせてみてください!

利用料はその人によりますが、基本的に無料で利用できます。

私は傷病手当でそこそこ頂いていたので、最初は利用料が約1万円ほど掛かっていました。直近3ヶ月の収入で判断されるようです。なので、失業保険になって3ヶ月後に免除の申請を出して、そこからは無料で利用しています。

交通費も近いところに行けば基本的に後払いで全額戻ってきます。
※行きたい事業所に聞いてみるとわかるかと!

ちなみに私は現在就労移行支援事業所に通いつつ、ようやく就活を始めるところです。
ここではじめて障害年金について知りました。

今回はここまでです。
長いと読むの大変ですからね!


就労移行支援所をいくつか載せておきますね。


▼ココルポート▼
仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)


▼ミラトレ▼
【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援


▼atGPジョブトレ▼
職場定着率91%!障害別専門支援の就労移行支援サービス【atGPジョブトレ】


前回:

次回:

コメント

タイトルとURLをコピーしました