就労移行支援所での過ごし方

いろんな就労移行支援所がありますが、私が通っている支援所での過ごし方について少し詳しくお伝えしたいと思います。

就労移行支援所での1日の過ごし方

就労移行支援所での過ごし方
  • 〜10:00
    打刻

    10時から所謂「就労」になるので、その前に打刻します。
    到着が早過ぎるのも良くないので、9:30まで中には入れません。

  • 10:00
    朝礼・ラジオ体操

    スタッフさんが司会をして朝の挨拶とラジオ体操を行います。

  • 10:15〜
    プログラムor個別訓練 開始

    どんな内容かについては下に書きますね。

  • 11:00前後
    10分休憩

    午前中の訓練の中で10分間は休憩をとります。

  • 11:45
    午前で帰られる方は日報を記入してスタッフさんと振り返り

    今日の訓練の成果などをスタッフさんと振り返りします。

  • 12:00〜
    昼礼・お昼休み

    スタッフさん司会で昼礼を行い、お昼休みに入ります。お弁当を持ってきたり、ご飯を食べに行く人もいたり。

    ※午前で帰る方はここで打刻をして帰宅です。

  • 13:00〜
    昼礼・プログラムor個別訓練 開始

    午後の挨拶をして訓練開始です。

  • 14:00前後
    10分休憩

    午後の訓練の中で10分間の休憩をとります。

  • 14:30〜
    振り返り日報の記入

    今日の訓練の成果などを記入します。

  • 14:40〜
    スタッフさんと振り返り

    スタッフさんと今日1日の成果や気付き、反省点などを振り返りします。

  • 14:50
    終礼・打刻・帰宅

    お疲れ様の挨拶をして、打刻をしたら帰宅です。

以上がいつもの流れです。

病院やハローワークの認定日、その他予定などで午前だけ、午後だけの日もあります。

ちなみにハロワの場合は求人検索すれば実績に加算してもらえます。私はハロワの後に支援所に戻って個別訓練をする事で終日の実績にしています。

プログラムとは

講座のようなものです。

他の訓練生の方と一緒にプログラムを行う事で対人技能を訓練したりしながら、目標設定と終了後に自己評価を行います。

プログラムの内容一部
  • PCの基礎、応用(Word、Excel、PowerPoint)
  • JST(ジョブスキルズトレーニング:職場対人技能訓練)
  • SST(ソーシャルスキルズトレーニング:社会生活技能訓練)
  • 屋内運動
  • ウォーキング
  • コミュニケーションワーク
  • 模擬就労訓練(軽作業・事務作業)
  • 模擬面接

個別訓練とは

プログラム以外の訓練のことです。

PCを使って自分のスキルを高めてもよし、簿記など他の勉強をしてもよし、求人検索や応募書類の作成もできる訓練です。

私の場合、今は情報処理検定というパソコンの試験が近いので過去問に取り組んでいますが、それ以外は基本的に簿記の勉強をしたり、体調が良くない時は読書にとどめたり。

あとは支援所で使う掲示物のデザインをしたり、その人、その時にに合った訓練を行います。

行くだけじゃない

プログラムや個別訓練での訓練はもちろんですが、通所する事で生活リズムも整えていきます。

毎日同じ時間に活動するって、しんどい時期は結構大変なんですよね…!

通所するには事前準備も必要です。

  • 身支度を整えること
  • お風呂に入っておくこと
  • 個別訓練をするならそれに必要な勉強道具もカバンに入れておくこと
  • お薬を持って行くこと

準備だけでもやる事いっぱいです…!

以前はなんにも考えずにできていたのに、できなくなっちゃうんですよね。できない自分にまた凹んでしまったり。

でも、できないことを普通と捉えてみるとどうでしょう

あら不思議!できるなんて、なんと凄いことなんでしょう!

一般とか普通とか、人によって違うものですから、自分の普通を自分を軸に考えてみませんか?

親兄弟や友人の普通はその人たちの普通です。

自分だけの普通を見つけてみると、見え方が違ってくるかもしれません(*´꒳`*)

おわりに

あくまでこれは私が通っている支援所での過ごし方です。支援所によっては全く違うかもしれません。

就労移行支援所は就職をサポートしてくれる場所です。

長いブランクで失くした自信や生活力などを底上げしていきましょう。

お付き合いいただきありがとうございました(*´꒳`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました