「陸王」で注目のランニング足袋、いきなりのガチ走りには注意が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


2017年秋の TBS日曜劇場「陸王」が話題となっています。半沢直樹でおなじみ池井戸潤の原作で、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」が舞台のドラマ。

足袋製造で培った技術を使ってランニングシューズを開発し、世界的スポーツブランドと熾烈な競争をする中、こはぜ屋を取り巻く面々の人間ドラマが熱く描かれています。詳しくは原作もどうぞ。


劇中で登場するランニング足袋ですが、こはぜ屋のモデルにもなった きねや足袋 が実際に製品化しており「ランニング足袋『KINEYA無敵』」がそうです。

実は、ぼくは以前よりランニング足袋の愛用者で日頃から履いて走り込んでますが、「安全で理想的なシューズ」と紹介されていたことがとても気になりました。それは、過去に使い方を間違えて怪我をした経験があるからです。

そんな経験を踏まえて、いきなりガチ走りをする前に注意するべき点について、ご紹介いたします。

ランニング足袋「KINEYA無敵」の特徴

一般的なランニングシューズとは一線を画する構造で、一番の特徴はその薄さにあります。アウトソールの厚みがわずか 5mmとかなり薄い。裸足ランニングを実感できるベアフットタイプのシューズに分類されます。

また、アッパーはナイロン素材を使った足袋のようで、足を覆ってフィットするような構造。軽くて伸縮性があるので、カバンに入れて持ち運びしても荷物にならないといった特徴もあります。詳しくは、過去記事もどうぞ。

正しい走り方を身に付ける、ランニング足袋「MUTEKI」を試してみた!

「安全で理想的なシューズ」を過信してはいけない

慣らしは絶対に必要

ソールに厚みがあるランニングシューズは一見、衝撃を吸収するようにもみえますが衝撃による負荷が大きい、かかと着地(ヒールストライク走法)をしても気にならず走れてしまうので、負荷をかけ続けることで故障の一因になると言われています。

しかし、人間は走って狩りをし、進化しました。つまり、本能的に膝を壊さない走りを知っているのです。その、人間本来が持つ「走り」を呼び醒すために厚みのあるアウトソールから薄いソールにすることで、徐々に負荷の少ない走りに矯正していくのがランニング足袋「KINEYA無敵」です。

足裏で着地するフラット着地(フラット走法)であったりつま先着地(フォアフット走法)は、着地から蹴り出しのモーションが効率よく行えて負荷も少ない走りだと言われていますが、ランニング足袋を履いたからといって直ぐにできるものではありません。慣らしは必要です。

徐々に慣らしてフォームを改善しないまま、いきなりガチ走りをするとどうなるか。膝ではない箇所にダメージが出る可能性が非常に高いです。この点については、ランニング足袋「KINEYA無敵」を購入すると使い方の小冊子(マニュアル)が同梱されており、そこでも触れられています。

冬場に履いて走るには注意が必要

あと、ぼくが故障した原因から言えることがあります。冬場の寒い時期に履いて走るには注意が必要ということです。

ソールが 5mmと薄くナイロン素材で覆われているだけなので、地熱がダイレクトに伝わり足が冷えきってしまいます。すると、筋肉や靭帯が硬直し伸び縮みに必要なクッション性が損なわれ、着地から蹴り出しのモーションがスムーズに行えなくなり、無理が生じて怪我をします。

ぼく自身、足の指の付け根にあるアーチ状の靭帯(リスフラン靭帯)を故障して、3ヶ月ほどまともに走れなくなりました。その際、アスリートに定評のある鍼灸師さんに診てもらったところ、ランニング足袋に履きなれたランナーでも冬場は使用を控える人がいるとのことでした。

「安全で理想的なシューズ」を楽しむために必要なこと

では、どうすればランニング足袋を安全に楽しむことができるのでしょう。それは、すでに申し上げた通り、いきなりガチ走りはしないで十分慣らしをしてから徐々に距離を走ったりスピードを上げるなど負荷をかけていくのがベストです。

また、ちょっとでも違和感を覚えたら使用を控えるなど無理は絶対に禁物です。そして、冬場に履きこなしたいのであれば冷え対策は必須。保温性が高かったり発熱性のある靴下を履いたり、インソールにカイロを貼るなど冷え対策をした上で楽しんでください。

公式サイトの最新情報にも目を通しておくと、より理解は深まることでしょう。

まとめ

ランニングフォームが矯正されることで、無理なく楽に走れてパフォーマンスの向上が期待できますが、ランニング足袋「KINEYA無敵」には履いてしまったランナーを虜にする魅力があるように思います。はだし感覚に近い体験ができるので、自らの足で地面を掴んでいるように感じます。

あまりの気持ちよさに、ガチ走りもしたくなりますが怪我だけは絶対に避けたいところ。慣らしをしっかりしてランニング足袋「KINEYA無敵」を楽しんで欲しいです。そして、一人でも多くの足袋ランナーが増えることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る