Kuni

ランニングサンダル「ワラーチ」とは? 冬でも愛用するランナーが、徹底解説します

  • この記事を書いた人 アバター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
running-sandals_wallach

こんにちは、ツムログ管理人のKuniです。

マラソン大会で、サンダルのような靴を履いて走るランナーを見かけたことはありませんか? 本日は、そんなランナーが履いている「ワラーチ」についてです。

実は、私もワラーチを愛用するランナーの1人。冬でも履いて、街中を走っています。トレランでは、ごくたまに履く程度。いずれは、メインで履きたいと思い鍛えてます。

そんな、ワラーチですが、履いたことがない人からすれば「なんでランニングシューズ履かないの? 意味がわからない」と、疑問に思うかもしれません。

そこで、ほぼ1年中ワラーチランニングしている筆者が、魅力、メリット・デメリット、入手方法について、徹底解説いたします。

ワラーチの歴史

ワラーチが知られるきっかけになったのは、2010年頃のこと。今ではランナーのバイブルとなった、一冊の本が発売されたことに由来します。

ウルトラランナーVS人類史上最強の走る民族「ララムリ(タラウマラ族)」を描いた「BORN TO RUN」。この中で、ララムリとワラーチが鮮烈に紹介されます。

ララムリとは、メキシコの山岳部に住む先住民族。とにかく走ることが大好きで、暇さえあれば老若男女が走ります。そんなララムリが普段から履いているのが、ワラーチです。

古タイヤから切り出したゴム板に革紐を通しただけの、簡素なもの。ですが、ララムリはウルトラレースや山岳レースをワラーチで完走し、好成績もおさめて注目を浴びるようになりました。

その後、日本では木村東吉さんがワラーチの作り方を紹介し、広まったように記憶しています。違っていたら、すいません。一応、動画を貼っておきます。

出典:Huraches:ワラーチの作り方(Step1準備&足型作り)

当時は、ビブラムシートと真田紐で作るのが主流でしたが、真田紐の代わりにPPテープとパラコードを組み合わせてみたり、パラコードのみだったりと、変化し続けています。

ワラーチの魅力

ワラーチの魅力は、なんと言っても気持ちが良いこと。これに尽きます。

裸足に近い感覚で走れるので、路面のコンディションがダイレクトに伝わってきます。特にトレイルで感じますが、土や草の上、ふかふかした枯れ葉の上を走る時の感触はたまらないです。

風や温度を直で感じられるのも魅力。自らの脚で走っているんだと、気持ち良くなれます。

ワラーチランニング、5つのメリット

人間本来が持つ、走りのフォームになる

一般的なランニングシューズとは違い、衝撃を吸収するものはありません。ハイテクシューズを履いて、かかと着地でドタドタ走るなんてことは、衝撃が大きすぎてできなくなります。

すると、どうなるか。人間が本来持っている、走りのフォームにシフトするよう、身体が反応します。その結果、フォアフット走法を身につけることができると言われています。

私の場合は、フォアフットが身についたとは言えませんが、ソールの減り具合から判断して、ミッドフット走法にはなっているように感じます。

ふくらはぎが鍛えられる

ワラーチを履くと、走りのフォームが変わります。すると、脚そのものの使い方が変わります。

特にふくらはぎに負荷がかかり、長距離を走ったり速いペースで追い込んだりするとパンパンに張ります。効いてる実感は、もの凄くあります。

ふくらはぎは、第二の心臓とも言われ、ランナーにとっても大切な筋肉です。走りこみをするだけでも鍛えられますが、強度をあげる意味でもワラーチは効果的です。

とにかく軽いので、レース後半でも足が残っている

特に、フルマラソンで実感したことです。後半、30kmを過ぎたあたりで疲労やダメージからガクンとペースが落ちるのはよくあること。私も、レースのたびに経験していました。

ですが、ワラーチを履いて走ったレースでは30kmを過ぎても足が残っていて、ペースアップができるほどでした。靴によるストレスがなく、足が軽く感じたことが大きかったです。

この時のレースは、走り込みも不十分で体重も増加傾向でしたが、グロスでサブ4目前、ネットでサブ4達成しました。ワラーチのおかげだったからと、強く印象に残っています。

コスパが良い

話題の厚底シューズ「ヴェイパーフライ」だと、3万円代ですか。他のものでも、そこそこの値段はします。けして安いとは言えませんよね。

まぁ、ランニングでお金がかかる部分はシューズがほとんどだから、そう考えれば安い。という考えも否定はできませんが、コスパを求めたい人にとってワラーチは最適。

既製品でも、1万円前後でありますし、DIYすれば3,000円くらいで作れます。手間はかかりますが、その分、愛着も出るので履くことが楽しくなります。

注目される。見知らぬ人に声をかけられる

ワラーチランナーは増えましたが、それでもまだまだ珍しい部類。レースで履くと、スタート前に声をかけられたり走っていて「ワラーチ頑張れ!」と声をかけられたりと、目立ちます。

知らない人と会話するきっかけになるため、個人的にはメリットだと感じてます。ただ、これまで声をかけてくれたのはおじさんばかりで、女子からは一切ありません。チーン。

ワラーチランニング、5つのデメリット

ケガのリスクは高い

ワラーチに慣れる前に、いつもと同じような距離やスピードで走ると、間違いなく怪我をします。何かにぶつけるとかスリ傷を作るとかではなく、筋を負傷するとかそっち系。

フォームが、かかと着地からフォアフット、ミッドフットに徐々に移行するため、体重がかかる部位も変わります。フォームが定まらないと重さを直で受け止めてダメージになります。

私も、ワラーチではないですがランニング足袋でそれを経験しました。指の付け根にある靭帯に体重がかかり、損傷しました。歩くことすら困難になるほどでしたので、注意が必要です。

そのため、まずは少しの距離を歩くことから始めてみるのが良いと思います。そこから、土の上を走って徐々に慣らし、ロードを走って普段の練習に移行する感じ。

ケガを避けるには、時間は必要と思います。ですが、慣れてしまえばワラーチでフルマラソンを走ることもできますし、ウルトラマラソンだって夢ではありません。焦りは、禁物です。

冬場は寒いし、とにかく指先がヤバイ

見た目で想像できると思いますが、冬場は正直キツイです。とにかく指先がヤバイ。凍って取れてしまったんじゃあないかと思ったことが、何度もあります。

そう思うなら、寒い日は靴履けばいいじゃん。まさに正論です。自分でもそう思いますが、できる限りワラーチを履きたいので意地のみです。オススメはしません。

変態・ドMじゃないのと、白い目で見られる

特にレースで思うことですが、見た目が他のランナーと比べると異質なので、冷ややかな目で見られていると感じることは、ままあります。

衝撃吸収しないから痛そう。足、むき出しじゃん。見た目がヤバイ。寒そう。と、いろいろ思われてることでしょう。変態やドMにカテゴライズされる節は否めません。

私は、そう思われることに快感を覚えるたちなので問題ありませんが、後ろめたく感じてしまう人にとっては辛いかもしれません。

公衆トイレに入ることを躊躇する

公園や道路脇にある公衆トイレの中には、ひんぱんに掃除がされていないような場所もあります。そんなところは、ただでさえ入りたくないですがワラーチは特に感じます。

ゴム板の厚みが薄いことと足が剥き出しのため、裸足で汚れたトイレに入っていくように感じ、かなり躊躇します。レースで設置してある簡易トイレも正直、ツライ。。。

ワラーチの入手方法

さて、ワラーチの魅力、メリット・デメリットについて解説いたしましたが、実際に履いてみたいと思われた人もいるのではないでしょうか。いや、いるはず。

そこで、ワラーチの入手方法について解説いたしますと、すでにワラーチの歴史について触れたセクションでも書きましたが、基本的には自作するものです。

ネットで調べると、既製品を販売しているところもあるようですが、個人的にはオススメできません。理由は、フィット感が大事だと考えているため。

足の大きさ、指の長さは人それぞれ。左右の足ですら微妙に違います。少ないパーツで足裏を保護するため、ゴム板の形状、紐を通す穴の位置など細かく調整したいところ。

では、どうするか。オススメは、ワラーチに必要な材料を一式揃えて作ること。オンラインショップで材料を購入し、家にある道具を使って解説書を見ながら自作します。

ワラーチキットのお店

ワラーチ作成の材料を単品とセットで販売作り方の動画やレシピありワークショップは不定期に開催中問屋さんから送られてきた時点で多少の汚れがありますのでご了承ください※発送に1週間ほどお時間を頂く場合がありますので、急ぎの場合はお問い合わせください

もし、既製品でもいいから裸足感覚を味わいたいと思うのであれば、ワラーチに近い商品で実績のあるものを購入することをオススメします。ルナサンダルあたりは、間違いないかなと。

ワラーチを自作する

では具体的に、ワラーチってどうやって作るの? と、なりますが当ブログでは改めて解説したいと思っておりますので、ここでは参考になりそうな動画を貼っておきます。

出典:Huraches:ワラーチの作り方(Step1準備&足型作り)

スタンダードな作り方。Step2Step3も合わせて見ると、分かりやすいです。

出典:itakyu68:ワラーチワークショップ麻基本編

前のセクションで紹介した、ワラーチキットを販売している方が解説しています。短い動画ですが、必要な道具とポイントが的確に抑えてあります。

ワラーチの作り方は、はやりや独自のやり方もあって、正解はありません。私のワラーチも、独自に工夫した部分があるので、いずれちゃんと解説します。興味があれば、また見てください。

まとめ

やっと、ワラーチの記事を書けたとホッとしております。少しは魅力が伝わって、履いてみたいと思う人が1人でも増えれば嬉しいです。

冬場をのぞけば、ワラーチランニングはとても気持ち良いです。満足して走るには、慣らしも必要なので時間はかかりますが、この気持ち良さを共有したいです。

くれぐれもケガにだけは注意して、ワラーチランナーとして白い目で見られることに、快感を覚えましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA