睡魔に負けそうでも朝ランをすると得られる 3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

suimanimakesou
ども! 今月中に 170km 走る予定の くにゆき です。月間 200km – 250km を走る事を公言しているので最初から分かってはいることではありますが、残り僅かの日数で変態的に走り込むのは正直辛い……「ご利用は計画的に」とか「明るい家族計画」とか、計画ってマジ大事!

先日から早朝ランニングを再開して本日で 2日目になりますが、既に辛かった。何が一番辛いかって布団から出ること。

早朝ランニングが辛い理由は、ほぼこれに尽きるのかなといった感ではありますが、この辛ささえ乗り切ってしまえば、早朝ランニングにはメリットがたくさんあります。

そこで、たくさんあるメリットの中から超絶私的に注目している 3つを是非ともご紹介したい!

身体全体で朝日を浴びて健康的になる!

朝日に限ったことではないのかもしれませんが、太陽の光を浴びることでうつ病の予防になると言われております。

脳内のセロトニンを分泌させる効果があり、セロトニンが不足するとうつ状態になったり、ストレスを溜め込みがちになったり、マイナス思考に陥りやすくなると言われております。

いざ、太陽の光を浴びるといってもわざわざ日光浴をしたりということはあまり現実的ではないかもしれませんが、朝早く起きて人通りも車の往来も少ない時間に早朝ランニングを兼ねてみると、いい汗もかけるし朝日を浴びれるしで気持も晴れやかになります!

物事を考えるのに適している!

すでに何度か当ブログでも触れてきてますが、早朝ランニングをしながら物事を考えると、頭の回転が良くなるのか、空気が澄んでいていそれが良い影響を与えてくれるのかは定かではないですが、良いアイディアが出てきやすいです。

また、ネガティブな思考を抱えながら走っていて、それについて考えていても、そんなこと大したことではないよなぁ〜と気持が楽になったり、良い方向に物事を考えれるようにも感じております。これは実体験として。

1日のスケジュールを組む際にも早朝ランニングをしながら考えてみると、時間に余裕がある中で考えるので物事の順序立てなど整理しやすいです。

サプリもカスピ海ヨーグルトもいらないんでないのってくらい、すこぶる快便になる!

本日の例で言えば(言うなって声も聞こえてきそうですが……)走っている最中に、2度ほどコンビニさんのお花畑を使わせていただきました。しかも、それなりにしっかりと……

これはひとえに、先日の晩飯で飲んだ牛乳 1リットルが影響しているだけと言ってしまえばあながち間違いではないんですが、走ることで腸内も強制的に動かされて、徐々に下に下にといった感じで内容物が充填され、便意が起こるのではないのかなと。

実際に、早朝ランニングを頻繁にしている時としていない時では便通は大きく違います!

まとめ

っと、これだけでは言い尽くせないほどメリットがある早朝ランニングですが、走る時間にもよりますが、出勤前に走ることを考えればそれなりに早起きをする必要があり、唯一それだけが辛いかなと。

ただ、早めの目覚ましで 2度寝をしていつもとなんら変わりのない 1日を過ごすか、思考もクリアになってスッキリとして 1日を過ごすかでは大きな違いがあります。

目覚めるまでの数分で、1日をより良くすごせるのであれば早朝ランニングをやらないという選択肢はもはやないでしょう!!

っと、明日の自分に言い聞かせておきますです……orz でも、マジでおススメですよ!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る