脱、駄飯でルーチン飯に切り替えつつあるもそれも駄目だったりする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

toubun-sametekita
ども! 少しずつですが、生活リズムが人間らしくなりつつある くにゆき – @kuniyuki3104 です。

早朝ランニングをゆるぅ〜く再開したことが切っ掛けで気持ちが切り替わり、以前のように掃除や洗濯をまめにこなせるようになりつつあります。

食生活に関しても、大量のアイスクリームやらチョコレートやら惣菜パンなどを無意味に食べていた駄飯生活から抜け出して、自炊を再開するようになりました。正直、飽きたというのが本音だったりしますが。

まだまだ軌道修正しつつある状態ですが早朝ランニング効果、なかなか凄いです!

食材のロスをなくすルーチン飯

そんな中、自炊のために久しぶりに食材を買い込んできましたが、私は色々な食材をて器用に使い分けて料理をするマルチプレイヤーではないので、決まった料理を毎日淡々と作り続けるルーチン飯の食材を購入します。

結果、冷蔵庫の中はカットトマトとヨーグルトであふれ返りましたが……

ルーチン飯の前提として、そこそこ栄養が取れて病気にならないものを作り、最近はトマトベースのスープに納豆でとろみを出して、ほうれん草としめじ、トリの胸肉を放り込んだうどんを食べています。ヨーグルトは朝食としてですが。

ルーチン飯のメリット

ルーチン飯のメリットは食材のロスが出ないということで、この飯を作り続けると生ゴミも殆どでないので私なりには重宝しています。

ルーチン飯のデメリット

ただ、デメリットも当然あって毎日同じ物を食べ続けるので飽きます。

そして、もう一つ大きなものが 考えなくなる ということ。

考えなくなると成長を止めてしまう

先日、ブロガーでもある かん吉さん の記事で「習慣化だけでは、人は成長できないどころか衰退する理由」というものがあり、なるほどなぁ〜と思わされました。

自分の中でも薄々感じてはいましたが、ルーチン = 習慣化してしまえば効率も図れますし当たり前になって苦にはなりません。

ただ、考えなくなるので改善はのぞめないよなぁ〜と以前から思っていて、この記事を読んで改めて気付かされました。

ルーチン飯は栄養面が偏る

特に、食に関しては病気にならないような食事を心掛けていても、栄養の偏りはどうしても出てくるので何かしら影響はあるかもなと懸念しています。

まとめ

ただ、これまで出来ていなかったことを生活リズムの中に組み込むためにルーチン化することは第一歩として正解ですが、そこから次の一手を考え続けないといけないよなぁ〜なんて思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る