「ツムログ」を始めて 1ヶ月半で大きく変わった 5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

tsumulog_de_kawatta
ども! これまでにやってきたブログはことごとくネット上のゴミと化しました くにゆき です。今更掘り返されてもこっぱずかしいので、永遠に闇を彷徨っていただければ幸いでございます。

そんな中、当ブログ「ツムログ」はなんやかんや毎日記事を投稿し続けて 1ヶ月半が経ちました。とは言えまだまだ 1ヶ月半ではありますが、それなりに変化を実感しておりまして面白みも感じております。

そこで、本日はブログを始めて大きく変わったことについて触れてみようかなと。

そもそもブログを書く理由とは

先ず始めにブログを書く切っ掛けは、webディレクターという仕事がらお客さんに対しては「しっかりと記事を書いて、読み手にサービスや事業をPRして下さいね!」なんて言ってはいるものの、実際に記事を書き続けることがどれだけ大変かを知るため。

あと、お客様に変わって文章を書く機会が増えてきたため、書き癖を付けておきたいという理由もあります。

そして一番の理由としては、アフィリエイトなど何らかの形でマネタイズに繋げるため。

っと、こんな理由でブログを始めてみましたが、実際にやってみると得る物がとても多いなと実感しております。特に変化を感じた 5つのことは以下の通り。

昼寝をしていた時間に記事を書くようになった

社会人になってから昼寝がずっと習慣付いておりましたが、実のところたいして眠いわけでもなくただなんとなくという習慣だったので、この時間に記事を書けるだけ書くよう、時間の使い方を変えてみることに。

その結果、記事の内容によっては休憩時間で書き上げてしまう記事もあったりと、時間の有効活用に繋がりました。

常に記事のネタを意識するようになった

1日の行動の中にブログを書くということがすっかりと組み込まれてしまい、早朝ランニングの際にはネタ出しをしながら走ってみたり、何かしらランニング関連の商品を見つけてはネタにしてみたり、怪我や失敗・成功談があればネタにしてみたりと今まで当たり前に捉えてきたことや物を、ネタに出来ないかという視点で意識するようになりました。

そうすると、切り口を変えてみたり表現方法を考えてみたりとやり方次第ではネタになるもんだなと感じており、今のところネタ切れにはまだなっておらず毎日 1記事更新が続いております。

ネタにするために行動するようになった

普通に考えればちょっと無茶かもといったことや自分の裸をさらけ出してみるなど、ネタになりそうなことをあえてするようになりました。

多少でも反響があることが今ブログを書くモチベーションになっているので、世の中をお騒がせすることのない程度に今後もネタ出しが出来ればなと。

ブログ経由でコミュニケーションが広がった

既に自分ブランディングの一環として記事を書き続けているブロガーさんや、ランニング系の記事を書いている方またはメディアの運営をされている方、筋トレ系の方々などこのブログを基点として交流が広がりました。

また、記事を読んでくれた方からは食生活の心配をされたり食生活の心配をされたり食生活の心配をされたり……と、記事の内容に沿った話しの切り口で声かけをいただくなど新たなコミュニケーションに発展しております。

「ツムログ」という知名度が広がった

立ち上げ当初は「積んでくブログ」という長いタイトルで、ロゴなども用意せずにスタートをさせましたが、名前の認知を促すにはよろしくないよなぁ〜と考えて、キャッチーで記憶に残りやすそうな名前を考え「積んでくブログ」を省略して「ツムログ」とし、ロゴも用意して明示的に認知していただけるように工夫しました。

記事を書くごとに知名度は上がり、最近では「ツムログ」という名称でお声掛けいただくこともあり嬉しい限りです。

まとめ

ウェブの最新技術やトレンドをまとめたような情報や、食レポや旅レポを発信し続けるブログではないので、自分自身がコンテンツであるという気持ちでいます。

それはプライベートをさらけ出すことにもなりますが、何かしら反響があるとモチベーションにも繋がります。

また、ダイエットや断酒などを継続するために公言することで後に引けない状況にもなっており、それも良い影響が出ているのではないかなと。

先輩ブロガーの方々からは、何かしらの形でマネタイズや反響などを求めるのであれば、先ずは 3ヶ月毎日更新し続けてそっから全ては始まるということを強く言われていたりするので、そこは何とかやり遂げていきたいなと思いつつ、日々ネタを出して少しでも多くの人から反響がもらえるようやっていければなと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る