【超入門】WordPressとiPadでブログを作ってみる4 外観(テーマ)の設定Cocoon【初心者】

ワードプレスにも初期でテーマは入っているのですが、よりカスタマイズしやすく、しかも無料で配布されているテーマがあります。

その名も『Cocoon』!

アフィリエイトにも強く、無料で使用可能とはなんともありがたい!今回はそんなCocoonの導入方法を記載していきます。

Cocoonの導入

事前準備:PHPのバージョン確認

まず初めにCocoonで推奨されているPHPのバージョンを確認しましょう。

 
 

PHPはサーバー上で動くスクリプト言語で、ユーザー側にどういった仕組みでページなどを表示させているのか分からなくしたりしてくれます。

2021年9月現在、Cocoon推奨のPHPバージョンは、7以上です。

PHPはサーバー側のものなので、エックスサーバーのサーバーパネルを開き、「PHP Ver.切替」をタップ。


確認したいドメインの「選択する」をタップ。


サーバー側で推奨されているバージョンが、既に条件を満たしているので、何もいじらずそっと閉じます。

※7以上なのでこれでOK

これで事前準備は完了です!(何もしてない!)

親テーマと子テーマのインストール

Cocoonには『親テーマ』と『子テーマ』の2種類があります。

親テーマ、子テーマどちらもインストールしてください。そして有効化させて中身をいじっていくのは「子テーマ」の方になります。


インストール方法ですが、毎度お馴染み公式様が分かりやすいっ!!

Cocoonテーマをインストール

WordPress無料テーマCocoon

ありがたや…!

子テーマをいじってみる

Cocoonを入れるとダッシュボードに「Cocoon設定」という項目が左側のメニューに追加されます。タップしてみると、ズラリと設定できるタブが現れます。最初から全部設定しなくても大丈夫です!私もほとんど初期設定のままです!それくらい優秀なテーマ(外観)なのです!初心者にも上級者にも優しい!


タブの他にも左側の「Cocoon設定」のメニューの直下に「吹き出し」などの設定ができるメニューが表示されます。

 
 

「吹き出し」というのはコレのことです。デフォルトで画像なども入っていますが、予め画像を変更しておくなどの設定ができます。

 
 

ふきだし にも しゅるい あるよ
これは かんがえごと っていうの


はじめは「スキン」の中から自分がイメージするブログに近いものを選んでみましょう!もちろん後で自分好みにカスタマイズできるので、最初は大まかなイメージの合うものでいいと思います。

 
 

『スキン』とはブログやサイトの装飾のことです。真っさらな状態から始めるより、ある程度自分のイメージと合うものを選択してからはじめると、ブログに統一感が出てくると思います。


チェック部分とスキン名の間に画像のアイコンがありますね。タップしてみるとスキンのイメージ画像が表示されます。例えば「モノクロ」だと下図のようなスキンが適用されます。

一気にブログっぽくなりますよね!ありがたや(*´꒳`*)

あとは欲しい機能を追加CSSやプラグインで環境を整えていきましょう!

それについてはまた次回!


前回:

コメント

タイトルとURLをコピーしました